当院のこと

【野菜も人間も同じ!?】土台を整える大切さ

投稿日:

こんにちは!京都市西院「無痛整体ながれ堂」の村地です。


※ブログのトップページはコチラから。


大豆

このブログでも何度かご紹介しておりますが、私は現在、「自然農」を行っています。
兵庫県丹波市の知人の畑をお借りして、月に一度、出向いております。

自然農とは、農薬や肥料を使わず、自然の恵みのみによって育てる農法です。
実はこの自然農を体験する毎に、常々感じることがあります。

それは、、、

私たちの整体法と、とても似ている(というか同じ!)ということです!

「野菜」と「整体」が同じて、、、(笑)
一見まったく関係ないですよね(^^;

しかし、「自然の摂理を大切にする」という意味で、極めて合致しています。



今日はそんなことについて書いてみようと思います。



「【農薬まみれの野菜】と【自然に育った野菜】だったら、後者の方が食べたい!」

という考えの方には、合う内容かと思います。
是非ご覧になってみてください。




さて、両者に共通していること、

それは、、、

なによりも「土台」を大切にするということです。



自然農を行う畑の場合、「土壌」が何よりも大切です。

土の状態のことです。
微生物や菌がしっかりと活動している、バランスの良い豊かな土壌。

これが1番大事。必要不可欠な土台となります。



この土台さえしっかりとしていれば、あとは太陽や雨という自然の恵みがあれば、野菜くんたちはしっかりと育ちます。
別に農薬や肥料を与えなくても、ちゃんと育ちます。

自然の作物なので、栄養も豊かで、安全です。



さてこの構造、、、
私たちの整体法も同様です。

身体の根本的なバランスを「土台」として、何よりも大切に考えます。
そのバランスとは、例えば体液の循環、自律神経、骨格の歪み、筋肉の過緊張などです。



この土台さえしっかりしていれば、まずそうそう重篤な不調には陥りません。
また、何かしらの不調が発症したとしても、休めば自然にしっかりと治ります。
ずーーっと辛い状態が続くなんてことはありません。

なぜなら人間は本来、自分自身の不調を自然に修復していくからです。
作物が、無理に人の手を加えることなく自然に育つのと同様に。



当院で行う「無痛自然療法」という整体法では、この「土台」を整える。
そんなお手伝いを致します。

畑で例えると、生命力のある豊かなバランスの良い土壌となるように。



どうですか?
似てませんか??

野菜も人間も、この地球に生きる自然な生命体のひとつとして、共通しているんですね。
改めてしみじみと感じる日々です。



良い土壌環境なくして、自然の作物は育ちません。
良い体内環境なくして、自然な治癒力は働きません。

バジル テントウムシ




■■京都市西院の無痛整体院「ながれ堂」■■
~ココロもカラダも、スッキリ、ラクに、楽しく生きたい方へ~

〒615-0002
京都府京都市右京区西院東今田町21
ダイヤモンドハウス西院1階東
【TEL】075-326-6355
【ホームページ】http://nagaredou.com/
【ブログ】http://nagaredou.com/index.php?QBlog
【Facebook(院長個人)】https://www.facebook.com/tomohiro.murachi
【Facebookページ】https://www.facebook.com/nagaredou
【ご予約、お問い合わせ】はこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

-当院のこと

Copyright© 京都で【自律神経】の根本解決なら「無痛整体ながれ堂」西院駅5分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.