パニック障害

パニック障害(その3)なぜ病院で治らないのか

投稿日:

こんにちは!京都市西院「無痛整体ながれ堂」のブログです。

本日は、またまた昨日に引き続き「パニック障害」についてです。
昨日の内容に、さらにもう少し突っ込んで書いてみます。

パニック障害についての過去のブログ記事はコチラ↓↓↓



※ブログのメニューページはコチラから。



~自律神経を整える~
【パニック障害について その3】

「なぜ病院で治らないのか」


あなたがもし、パニック障害の「原因」を自分で調べたり、病院で尋ねたりすると、おそらく次のような答えが返ってきます。

「脳内の神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリン)の機能異常です。」

パニックに関わらず、うつ病など他の精神疾患においても、よく「原因」とされている説明です。
(私自身、過去に心療内科でこのように診断された経験があります。)

専門用語に圧倒され、「なるほど~」と思われるかもしれません。
(私は完全にそう思いました・・・(^^;)



でも、ちょ~っと待ってください!!

これは「原因」というよりも、「結果」ですよね?

仮に神経伝達物質の機能異常だとしても、、、

「じゃあその異常はなぜ起こるのか?」

という理由が本当の「原因」ではないでしょうか。



もし気になった場合は、是非そこまで突っ込んで調べてみてください。

多分、答えはこのように返ってきます。





「原因不明」

これが事実です。
(あくまで西洋医学では、という意味です。念のため。)



果たして原因が分からないものを、解決できるでしょうか。

なかには偶然解決することもあるかもしれません。
でもそれは、因果関係があるわけではなく、単なるラッキーです。

参考までに、Wikipediaにはこう記述されています。

「投薬では寛解までは可能でも完治する事は不可能だと言える。」

(※「寛解」とは、症状が(一時的にでも)消えることです。治ることとはまったく別です。)

更に付け足すと、冒頭の「神経伝達物質の異常」は、実はあくまで「仮説」です。
何の証明もされていません。



以上が、「医療機関に何年通院し続けても治らない」理由でした。




最後に、、、
パニック障害をはじめ精神疾患で悩む方は、現在本当に多いです。

僕もこの業界に入るまで、こんなに多いとは知りませんでした。

さらに、「病院へ通い続けてもいっこうに治らない」という事実が、
患者さんの数を減らすことなくひたすら増やし続けています。。。

だけど、方法が無いわけではないのです。
薬物療法など以外で、完璧に解決している「実例」が世の中には多々あります。

この事実が、少しでも多くの悩める方々に伝われば幸いです。


p.s

下の画像は、私が作った図解です。
詳しくは「パニック障害」のページをご覧ください。

パニック障害




■■京都市西院の無痛整体院「ながれ堂」■■
~ココロもカラダも、スッキリ、ラクに、楽しく生きたい方へ~

〒615-0002
京都府京都市右京区西院東今田町21
ダイヤモンドハウス西院1階東
【TEL】075-326-6355
【ホームページ】http://nagaredou.com/
【ブログ】http://nagaredou.com/index.php?QBlog
【Facebook(院長個人)】https://www.facebook.com/tomohiro.murachi
【Facebookページ】https://www.facebook.com/nagaredou
【ご予約、お問い合わせ】はこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
村地友寛

村地友寛

自律神経専門「無痛整体ながれ堂」代表。元証券会社営業マン。会社員時代に自律神経失調症となり、心療内科で精神薬を3種類処方されながら休職していたが、一向に回復せず。その後、整体と生活改善によって無事に根本的に解決した経験を持つ。その後、自分自身も脱サラして整体師へと転身。現在は、「自律神経の不調は自然治癒で回復することが、社会常識になる」という夢に向けて活動中。整体院だけでなく、後進の育成や、プロ治療家向けの勉強会なども開催している。

-パニック障害

Copyright© 京都で【自律神経】の根本解決なら「無痛整体ながれ堂」西院駅5分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.