来院者の声・体験談

思い込み

投稿日:

先日のお客様。

バリバリのキャリアウーマンの女性。

連日止むことのない頭痛で悩まれている。



話を聞いていくと、働き方がすさまじかった。

どう考えても、1人でやれる仕事のキャパを越えている。

3人分くらいの仕事を、1人でこなしている状況だ。



終わることのない書類の山に向かって毎日12時以上働き、帰宅してからも翌日の仕事の段取りをこなす。

しかも、中間管理職として、大きなストレスを抱えながらの状況。

他部署の仕事や後任の育成も担当せねばならない。



会社の事情を知らない第三者の目(私)から見ても、どう考えても抱え込むものが多すぎる。

そりゃあ、身体も悲鳴をあげて、調子を崩してしまいますよね。
という状況だった。



実際に触診しても、随分と過緊張状態が癖付いてしまっている。
筋肉の緊張が、うまく抜けないのだ。

それでもご本人の口から出てきたのは、
「私がもっと頑張らなければ・・・」
という言葉だった。



「いやいや、充分に頑張りすぎだと思います。」
私の口からは咄嗟に、そんな言葉が出てきた。

会社の事情や仕組みも知らない私だが、そう言わざるを得なかった。

なぜなら、これ以上頑張り続けるなんて、あまりにも心配だからだ。

既に体は悲鳴を上げている。



すると彼女は、

「え?・・・新鮮な意見です。自分のいる環境では、頑張るのが当たり前だと思っていました。」

そんなことをおっしゃっていました。

彼女にとっての「当たり前」と私にとっての「当たり前」
が違っていたのです。



さて、誰でも、「思い込み」があると思います。

「~であるべき」
「~せねばならない」
「それが当然」

それらは本当に、そうなのでしょうか?



限られた環境のなかでは、それが「当たり前」なのかもしれない。

しかし一歩引いて俯瞰で見ると、実はそれが「当たり前」ではないのかもしれない。

単なる小さな世界の思い込みなのかもしれない。



彼女にとっては、身も心もボロボロになってでも、
頑張って頑張って頑張り続けることが「当たり前」であった。

しかしそれは僕にとっては「当たり前」ではない。

どちらが正解・不正確ということはないのでしょう。



彼女の力になりたくても、僕は彼女の職場環境を変えることはできない。
その状況に関しては、ただ聴くことしかできない。

しかし、辛さを吐き出すことで少しでもスッキリしたり、
何か少しでも気づきになることがあれば、とても嬉しい。

せっかくご縁を頂いたお客様だ。
どうか幸せな人生を送ってほしい。



会話の途中で、彼女に、

「それで幸せなのですか?」
と尋ねたところ、

「幸せではありません」
との返事だった。

どうか幸せになってほしい。。。




<P.S>

そういえば、アインシュタインの言葉でこんなのがあります。

「常識とは、その人が18歳までに身につけた思い込みのコレクションである。」

あなたにとっての「常識」は、いかがですか?



<P.S 2>

なぜこんなことを言うのかというと、私にも大きな「思い込み」の経験があるからです。

私事ですが、それについては次回のブログで。。。

shutterstock_194121176 (1)




■■京都市西院の無痛整体院「ながれ堂」■■
~どこへ行っても良くならない、自律神経のお悩みに~

〒615-0002
京都府京都市右京区西院東今田町21
ダイヤモンドハウス西院1階東

【TEL】075-326-6355

【ホームページ】http://nagaredou.com/

【ブログ】http://nagaredou.com/index.php?QBlog

【Facebookページ】https://www.facebook.com/nagaredou

【ご予約、お問い合わせ】はコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
村地友寛

村地友寛

自律神経専門「無痛整体ながれ堂」代表。元証券会社営業マン。会社員時代に自律神経失調症となり、心療内科で精神薬を3種類処方されながら休職していたが、一向に回復せず。その後、整体と生活改善によって無事に根本的に解決した。その経験から、自分自身も脱サラして整体師へと転身。現在は、「自律神経の不調は自然治癒で回復することが、社会常識になる」という夢に向けて活動中。整体院だけでなく、後進の育成や、プロ治療家向けの勉強会なども開催している。

-来院者の声・体験談

Copyright© 京都で【自律神経】の根本解決なら「無痛整体ながれ堂」西院駅5分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.