不眠、不安感、焦燥感(20代、女性、会社員)

◆◆◆◆◆症例の紹介◆◆◆◆◆

不眠、不安感、焦燥感(20代、女性、会社員)

※「免責事項」:こちらに掲載された事例やお客様の体験談は、個人の感想や成果によるものであり、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります。


どのような症状か

約2ヶ月前から、夜、あまり眠れなくなった。
きっかけは特に思い当たらない。

常に不安で気持ちが落ち着かず、焦ると心臓がドキドキし、仕事にも支障がある。

症状のひどい時は、耳鳴りや手のシビレも感じる。

慢性的な肩こりもある。

見立て・施術・指導

症状からの推察通り、呼吸が浅い印象。

生活習慣を伺うと、食生活、生活リズム、安易な薬の服用など、自律神経が乱れて当然という状況。

過去の経験から、全身の筋肉の過緊張と骨格の歪みが整うことにより、動悸や不安感も落ち着く可能性が大きいと判断。

また、会話を通じて、生活改善の提案を毎回行なうことに。
いきなり何もかもを変えるのは大変な為、できそうなことを少しずつ、提案していく。
入浴法、呼吸法、姿勢、自律神経の仕組みについての解説など。

施術の経過と結果

合計8回施術、所要期間1ヶ月半。

最初は週に2回のペース。
少しずつ気持ちが楽になり、4回目あたりから、症状の改善を自覚できるようになった。

その後は週に1回のペースで4回通院。
8回目施術時には、各症状が嘘のように消失していた。

院長からひとこと

良かったですね。
ご自身では不調のきっかけも思い当たらず、「なんでこんな状態になってしまったのか分からない・・・」と、途方に暮れられていました。

しかしお話をよくよく伺うと、理由は明白です。
「身体を壊さない方がおかしい」というような生活習慣だったからです。

これは、この方が特別というわけではありません。
現代は様々な面から、人間にとって不自然なモノや環境に溢れています。

生活スタイルや食べ物などがいくら乱れていても、皆がそうだから、それがふつうになってしまっている。
自分では不自然とも感じづらい社会です。

しかし、自分の頭では感じていなくても、身体はしっかりとその不自然さを享受しています。

さて、この方は、、、
施術によって、これまでに積み重ねた身体の負荷を取り除いた後に、日常習慣の改善によって、その状態を維持できるようにしていく。

その為に、素直にこちらの提案に取り組んで頂けました。

頑張りましたね!あなたの努力の賜物です。
お疲れ様でした。

365日、24時間、予約受付OK!

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
初めて当院をご利用いただくお客さまは、365日、24時間、受け付けておりますので、どうぞご利用ください。

専用フォームより新規ご予約をお申し込みいただく際に、メール会員に登録していただくと、初回料金が1,000円引きとなります。
詳しくは、下の部分をクリックして、専用フォームをご覧ください。

新規ご予約はこちら質問、ご相談はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
村地友寛

村地友寛

自律神経専門「無痛整体ながれ堂」代表。元証券会社営業マン。会社員時代に自律神経失調症となり、心療内科で精神薬を3種類処方されながら休職していたが、一向に回復せず。その後、整体と生活改善によって無事に根本的に解決した経験を持つ。その後、自分自身も脱サラして整体師へと転身。現在は、「自律神経の不調は自然治癒で回復することが、社会常識になる」という夢に向けて活動中。整体院だけでなく、後進の育成や、プロ治療家向けの勉強会なども開催している。

投稿日:

Copyright© 京都で【自律神経】の根本解決なら「無痛整体ながれ堂」西院駅5分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.