肩こりでお悩みのあなたへ

肩こり

肩こりに悩まれる方、非常に多いと感じます。
このページをご覧になられているということは、あなたもそうなのかもしれません。

常にと言ってよいほどどんよりとした重さを感じ、
ひどいときには頭痛やめまいも併発します。

「この重みやだるさがなかったら、どんなに軽く快適な状態になるだろう!!」
そのように、願うことかと思います。

しかし現状は、いくらマッサージ店へ行ったり自分で揉んだりしても、楽に感じるのはそのときだけ。
時間が経てば、また辛い状況に戻ってしまうのではないでしょうか。

それには明確な理由があります。
また、根本的に改善するにはどうすれば良いのか、それにも理由があります。

このページでは、そのような肩こりの原因と、根本的な対策について記しています。

皆さん良くなられています!

どうか希望を持って頂ければと思います。

075-326-6355

「ホームページを見て・・・」とお電話ください

肩こりの原因 

身体が不自然な姿勢を学習してしまうことによって、肩こりが起こる

これが最も一般的な肩こりの原因です。
どういうことかと言いますと、、、

血流の滞り

例えば、私たちが事務仕事や勉強などで、肩に力が入った姿勢を長時間続けていたとします。
すると身体がその姿勢を学習してしまい、意識して力を入れようと思わなくても、自然と力が入った状態になってしまいます。

知らず知らずのうちに肩に力が入ってきて、力を抜こうと思ってもなかなか抜けません。
意識とは関係なく、身体が筋肉に力を入れるように命令を出してしまっているからです。

(※ちなみに、全身の筋肉への命令は、が無意識下で行なってます。これについて気になりましたら、詳しくは当院の整体法のページをご覧ください。)

こうなると、四六時中筋肉を使っていることになってしまいます。
休息をせず延々と活動し続けていれば、、、何かしらの不調が起きるのは当然ですよね。

具体的には、、、
疲労物質がたまり、筋肉が硬くなり、硬くなることで血管が細くなり、血流が滞り、ますます疲労物質が排出できなくなる・・・という具合に悪循環が起こります。

さらに、脳への血流が不足することにより、頭痛やめまい、吐き気、いらいら、眼精疲労、集中力低下などの症状が起こるようになります。

これが肩こりの正体なのです。

肩がこるのは「猫背だから」「ストレートネックだから」という理由もありますが、ではそもそもなぜそのような姿勢になるのかというと、本質的な原因はこのような身体の学習機能にあります。

無痛自然療法による治療方法

当院では、無痛自然療法という、完全無痛な施術で対応致します。
凝っている肩自体ではなく、肩にコリ(緊張)という命令を出している脳自体にアプローチする療法です。

なぜ、押す・揉むでは良くならないのか?(楽に感じるのはそのときだけ)

硬くなった筋肉を力ずくで揉みほぐそうとすると、たしかに一時的には楽に感じるかもしれません。
これは、緊張した筋肉細胞が強引に破壊されるからです。

しかし、その後その筋肉細胞が再生された際には、また同じようにコリます。
脳からの「緊張せよ」という命令自体は、何も変わっていないからです。

むしろ、以前よりも強いコリが生まれることにもなりかねません。
なぜなら、身体には自己防衛反応があるからです。

組織を破壊させられるような強い刺激に対し、「今度はそれに負けないように、より強い緊張で守らなければ」と、脳がさらなる命令を出してしまします。

ですから肩こりに対して強く叩いたり、強く揉んだりするのは逆効果になります。

また、強く叩いたり強く揉んだりし過ぎると、毛細血管が破れ、内出血を起こし、いわゆる揉み返しになってしまいます。

なぜ、優しい施術が効果的なのか?

ながれ堂でおこなっている「無痛自然療法」は、筋肉を動かしながら、優しく触ったり、撫でたり、ゆったり揺らしたりします。

このような優しい刺激によって、身体は安心します。
緊張という命令を脳が解除し、肩こりは根本から解消します。

その驚くべき効果を、あなたにも是非体験していただきたいと思います。

「揺らすだけ?触れるだけ?そんなので良くなることが、いまいちピンとこない。」

という疑問もあるかもしれません。
そこで、イメージしやすいように例を挙げてみます。
例えば泣いている赤ちゃんに対し、次のような行為をしたらそれぞれどうなるでしょうか?

  • 押す、叩く、つねる
  • ゆらゆらと優しく揺らす、ポンポンと撫でる、さする
    赤ちゃん揺りかご

まず間違いなく、後者の方が安心し、落ち着くと思います。

顕在的な意識がまだ芽生えていない赤ちゃんがそうなるということは、人間の身体は本能的にそちらの方が安心し、落ち着くということです。

当院での治癒にむけた取り組み

1.まずは全身を調整します

施術

身体は全身でバランスをとっています。
肩周辺の筋肉が緊張して硬くなっている原因は、必ずしもその部分だけにあるわけではありません。離れた場所の筋肉疲労が連鎖していることが往々にしてあります。

※例えば大腿部(太もも)を弛めることによって肩こりが解消する、ということもあります。

よって、まずは全身のバランスを整えます。
この時点で肩こりが大きく軽減されるケースも多いです。

2.より詳細な部分に焦点をあてて整えます

施術2

全身の調整をしても肩こりが軽減しない場合、その結果を踏まえ、より詳細な部分に焦点をあてて弛めていきます。

場合によっては「いつも感じる部分のコリは消えた。でも、今度は別の箇所の違和感が出てきた。」というケースもあります。
ひとつひとつ丁寧に原因を探り、弛めていきます。



3.正しいバランスを身につけます

施術3

最終的には、これまでの過緊張を弛めて解消すると同時に、正しい身体の使い方を身に着けていきます。

その際、負荷のかかりづらい姿勢や、生活のなかで大切にしてほしいことなど、日常生活に役立てるアドバイスをさせて頂くこともあります。





来院者の声

皆さん、良くなられてます♪

40代、女性、主婦、柴田歩さん

柴田さん、肩こり

肩こりと偏頭痛があり、夕方になると頭がぼーっとして額と後頭部のあたりにもやがかかっているようでした。
疲れやすく、長時間立っていられません。足がだるくて台所仕事が苦痛でした。

そんな時、こちらの無痛整体を体験しました。

優しくゆらゆらする施術は心地よく、施術後、雲が晴れるように頭がスッキリするのが気に入り、定期的に通うことにしました。

先生の「肩こりは、脳が緊張しろ、と指令を出しているので、その指令を解除しないと、いくら揉みほぐしてもすぐまた凝るのです」という説明になるほど、と思いました。

ストレスの多い毎日ですが、施術によって心も体もリラックスできた日は、また明日も頑張れるな、と思えます。これからもよろしくお願いします!

※「免責事項」:こちらに掲載された事例やお客様の体験談は、個人の感想や成果によるものであり、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります。


生活面での注意点

良い姿勢を心がける

身についてしまった悪い姿勢を改善する為には、反対に良い姿勢をクセとして身につけさせていく必要があります。
常に意識し続けることはできませんが、気づいたときに少しづつ意識して、馴染ませていきましょう。

脊柱

★正しい姿勢とは?
背骨のS字カーブが描かれているか
どうかが、チェックポイントです。

自分でチェックする方法は
鏡でカラダを横から見る。
「耳の穴」
  ↓
「肩の中央」
  ↓
「くるぶし」を結んだ線が、
一直線になっていればOKです。

あと、見えない糸で頭の
てっぺんから、カラダが
釣られているイメージを
思い浮かべても良いでしょう。

また、座り方・歩き方などにもポイントがあります。
ご来院された際には、あなたの状態に合わせてアドバイス致します。

同じ姿勢ばかり続けない

どんなに良い姿勢でも、同じ姿勢ばかり続けていると、身体には特定の負荷ばかりがかかって疲れてしまいます。

例えばデスクワークなどをしているとき、30分毎、1時間毎に立ち上がって歩いたり、腕を回すなどして身体を動かし、違う刺激を与えましょう。

身体を温めて、血の巡りをよくする

原因の説明で述べたように、コリと血流は密接に関わっています。
血流は、身体が冷えると滞ってしまい、暖めると順調に流れます。

そこで、例えば以下の習慣などを通し、血の巡りを良くしましょう。

  • ぬるめのお風呂(38度~40度)にゆっくりつかる
  • 冷えない格好を心がける
  • 身体を冷やす飲食物を避ける
  • 冷房の使い方に気をつける

365日、24時間、予約受付OK!

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
初めて当院をご利用いただくお客さまは、365日、24時間、受け付けておりますので、どうぞご利用ください。

専用フォームより新規ご予約をお申し込みいただく際に、メール会員に登録していただくと、初回料金が1,000円引きとなります。
詳しくは、下の部分をクリックして、専用フォームをご覧ください。

新規ご予約はこちら質問、ご相談はこちら