「食」のこと 生活習慣 自律神経

自律神経が乱れる2段階の原因とは?

投稿日:

自律神経の不調には、2段階の原因があると考えています。

 

1、筋肉の過剰な緊張

2、生活習慣(食事、姿勢、休息、ストレスなど)

 

人類が二足歩行をするようになってから600万年、そして現在の身体に進化してから、20万年と言われます。

それに対して、現代社会特有の食生活、仕事の仕方、生活リズムなどは、ほんの数十年~百年程度です。

それは、人類の長い歴史のなかの、ほんの0.0005%程度です。

 

つまり、普段の何気ない生活が、実は身体にとっては「不自然」であることも多いんですね。

すると、その不自然な習慣によって、身体は防御反応として固まります。つまり、過剰に緊張した状態がクセづきます。

すると次に、その緊張によって血管や神経を圧迫して、諸々の自律神経の不調へと繋がります。

そんなふうに考えています。

 

文字で表現すると、なんだか難しいですね(汗)

また今後、動画などでまとめようと思っています。

ご興味ある方は、当院のホームページやブログなどをチェックしてみてください。

 

 

-「食」のこと, 生活習慣, 自律神経

Copyright© 京都で【自律神経】の根本解決なら「無痛整体ながれ堂」西院駅5分 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.