セルフケア

自律神経を整える王道セルフケア【爪もみ】

投稿日:

今回は、

自律神経を整える簡単なケア方法として

【爪もみ】をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

爪もみとは、
その名の通り爪をもむのですが、
いくつかポイントがあります。

まず場所。

爪の両角を狙いましょう。

ここには、井穴(せいけつ)という
自律神経を整えるツボがあります。

爪もみが自律神経に良いといわれる理由ですね。

あとは刺激の入れ方ですが、
急に強い刺激を入れるのはオススメしません。

じわっと強くしていって
痛き気持ちいい程度の圧を入れてください。

そして、10秒程度キープします。

それを5本指すべて行います。
足の指も行うのもオススメですね^^

実は、それぞれの指に対応症状があるとされていますが、
基本的に5本指すべて行っていただければOKです。

もしそれぞれの指の対応症状が気になる場合は、
下の動画で簡単に解説しているので

一緒にやりながら確認してみてくださいね!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
村地友寛

村地友寛

自律神経専門「無痛整体ながれ堂」代表。元証券会社営業マン。会社員時代に自律神経失調症となり、心療内科で精神薬を3種類処方されながら休職していたが、一向に回復せず。その後、整体と生活改善によって無事に根本的に解決した経験を持つ。その後、自分自身も脱サラして整体師へと転身。現在は、「自律神経の不調は自然治癒で回復することが、社会常識になる」という夢に向けて活動中。整体院だけでなく、後進の育成や、プロ治療家向けの勉強会なども開催している。

-セルフケア

Copyright© 京都で【自律神経】の根本解決なら「無痛整体ながれ堂」西院駅5分 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.