不眠

不眠解消の第1歩【睡眠日誌】

更新日:

今回は、

不眠解消の第一歩として、

<睡眠日誌>を書いてみましょう!

というお話です。

睡眠日誌のメリット

睡眠日誌というのは、
いわゆる<睡眠の記録>を取るわけですが、

これの何がいいかというと

客観的な事実が得られるということです。

眠れないというネガティブな情報は
非常に強いパワーを持っています。

そうすると、
「全く」寝れていない、、

なんていう風に考えてしまいますし、
言ってしまいます。

でももしかしたら、
実際は1週間のうちの2〜3日だけが寝れていなくて、
残りの4〜5日は寝れているかもしれません。

「全く」ではないことが事実として認識できます。

※2〜3日眠れないのは辛くないという話ではないですよ。

更にじゃあ眠れている日と眠れない日は
傾向として何か違うことはないかな?と分析出来ます。

そうすれば対策として何か試してみようと検証出来ますよね?

このような形で何を試していくかの突破口が見つかっていきます。

だから、睡眠日誌を書いてみてほしいです。

まずは1週間程度でOKです。

そこから見えてくることがきっとあるはずです^^

 

じゃあ何を書けばいいのか?

以下を参考にしてみてください。

・就床、起床時間(布団に出入りした時間)
・実際に眠りに落ちた時間、朝目覚めた時間
・夜中目が覚めた時間、再び寝た時間
・夜中に感じた体の感覚
 日中の眠気を感じた時刻
・日中に横になった時間

記録するのは、ノートでも手帳でも大丈夫なのですが、

もし雛形があった方が良い場合は参考にしてみてください。
👇
https://bit.ly/3a1oYKE

 

以上、今回は

睡眠日誌をつけてみよう!

というお話でした。

当然、合う合わないはあるかもしれませんが、
不眠でお悩みであれば一度はためてして頂きたいです^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
村地友寛

村地友寛

自律神経専門「無痛整体ながれ堂」代表。元証券会社営業マン。会社員時代に自律神経失調症となり、心療内科で精神薬を3種類処方されながら休職していたが、一向に回復せず。その後、整体と生活改善によって無事に根本的に解決した経験を持つ。その後、自分自身も脱サラして整体師へと転身。現在は、「自律神経の不調は自然治癒で回復することが、社会常識になる」という夢に向けて活動中。整体院だけでなく、後進の育成や、プロ治療家向けの勉強会なども開催している。

-不眠

Copyright© 京都で【自律神経】の根本解決なら「無痛整体ながれ堂」西院駅5分 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.